独身女の美活ブログ

30歳を迎える独身女の美活を紹介します。

ニキビ攻略〜皮膚科編①〜

こんにちは、後藤です。 

今日は皮膚科の外用薬についてお話したいと思います。

f:id:rnbeauty:20190731140458j:plain

ニキビがひどくなった時、

・ディフェリンゲル0.1%

・デュアック

をそれぞれ半年以上継続して使用したことがあります。

 

はじめは、ディフェリンゲルを使っていました。こちらを使ったおかげでニキビはなくなるのんですが、乾燥がひどすぎて化粧ノリが悪く、ニキビがなくなった時点で使うのをやめてしまいました。

 

その1ヶ月後くらいにまたニキビが出てきたので、皮膚科の先生と相談しながら今度はデュアックを使うことにしました。

デュアックを使うときは、

1.化粧水

2.ヘパリン類似物質(乳液みたいなもの)

3.デュアック

の手順でしたが、夜に1度だけで昼は使わないよう指示されましたので、

昼は「テラ・コートリル」を代用しました。

f:id:rnbeauty:20190731141543j:plain

 

「テラ・コートリル」は薬局でも売っていて、私がよく見ているYotuberさんも、

ニキビができたときはテラ・コートリルを塗ってから絆創膏をつけて寝る、と言っていました。

ちなみに私も1ヶ月くらい毎日テラ・コートリル→絆創膏をやっていましたが、それほど効果は実感できませんでした。

それよりも、ニキビが潰れた時にニキビパッチを使う方が個人的にはおすすめです。

ニキビパッチを使うとニキビが潰れた時の炎症を抑えてくれるそうですよ。

 

そして漢方の「十味負毒湯」ですが、こちらは食間に飲むので、忘れてしまうんですよね。効果もあまり感じなかったので、やめました。

 

韓国で買ったものをまたこちらでご紹介しますね。

ではでは〜